DOS/VとTurbo C/C++

PC98全盛期の時はMS-C/C++にしろTurbo C/C++参考書籍はPC98 1色でした
まぁ、だからどうしたと言われても困るんですが
DOS/Vに特別問題があった訳ではありません
画像

画像

画像

これはテキストベースのゲームです
画面上の"X"をテンキーの2,4,6,8で上下左右に移動させて、●を追いかけ、制限時間内になるべく沢山追突させると言うゲームです。

まぁ、GW-BASICで書くんでも良いけどGW-BASCはEGAが最大なのでTurbo C/C++で良いかと思います。

IBM PS/2シリーズはi80286~i80586(ペンティアム)くらいの世代のマシン
IBM PS/1シリーズはi80286~i80586(ペンティアム)くらいの世代のマシン
IBM PC/AT(5170)はi80286の世代のマシン
IBM PC/XL(5160)はi8088~i80286世代のマシン

IBM PC/ATとPC/XLの大きな違いはEGAがあるかないかでIBM PC/XLと言えば
CGAだと考える方が安全でしょう。

まぁ、コードを見ればPC8801 MarkIIあたりでも十分に見えると思います
が、PC88シリーズにはTurbo C/C++もMS-C/C++もない

まぁ、PC98VMくらいで遊ぶSourceということになります。
これはIBM PC/AT(5170)くらいのスペックです

BM PC/AT(5170)はEGAを実装していますから、640x350 Color 16を持ってます。
IBM PS/2,PS/1はVGAを実装していますから、640x480 Color 16を持っていますからほとんど気にする必要はないですね

まぁ、i80386,i80486あたりのマシンスペックだと余裕すぎるかもしれません。
ただ、今はi7の時代なので・・・別に贅沢というわけでもないでしょう。
むしろ、CPU 世代が新しい方がハードウェアに安心できると思います。

IBM PS/2はMCAつまりマイクロチャンネルを実装したマシンでビジネスユースです。
IBM PS/1はMCAを実装していません。個人ベースのマシンです。
但し、IBM PS/1は日本国内では販売されていません。
画像

スペック的にはi80286で十分ですが DOS/Vはi80386から対応しています。
つまりi80286マシンではDOS/Vは使えません。

まぁ、自分が紹介しているDLサイトが提供しているのは英語版のみですからi80286でも問題はありませんけどね

個人的にはDOSに日本語が使えなくても然程問題はありません。

RPGを作るなら問題があるかもしれませんけどね

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック