オンラインストアなどで物を売るシステム

最近のコンピュータはクラウドの発展に伴って、オンラインストアで物を売る事が主流となってきました。

そこでシステム構築もWebでオンラインストアを構築して、副収入を得る提案を要望・期待する企業が増えています。

また、スマホやタブレットの利用者を想定してそういう端末でも利用できるようなオンラインストアーの構築を希望する企業が増えています。

これらの事を考えるとiPhone/iPadでの開発・動作検証などは非常に重要であり、その為にMacが手放せない状況でもあります。

Linux環境でのオンラインストアの構築は一般的な物となりつつありますが、普及に伴うトラブルも多発していて、これだとWindows Serverで構築したほうが遙かに利口とも感じています。

よく企業の皆さんは、新しくオンラインストアのシステムを構築すれば売れると単純に考えている人が多くいます。
もちろん、そんな馬鹿な話はありません

作れば売れるなら、誰でも沢山作るでしょう

実際に売れるオンラインストアにするには、市場調査・市場戦略・現況調査・改善検討などが必要です

想像や私感で理屈を述べても、それはほとんど結果に結びつきません。
もちろんストアを構築した開発業者にクレームをつけても同じです。
開発業者は発注元業者の営業戦略の関係者ではありません。
つまり、依頼内容(要件定義書といいます)に基づき、その要件をクリアするだけです

構築されたサイトが顧客に人気がでるか 売上に効果がでるかを保証するものではありません。

一般的に、いきなりオンラインストアを構築しても、知名度も実績もない状態だとほとんど売上はありません
一般的にはそういった場合、知名度を上げる為にCM(広告)戦略などを施します。

それでも、無名から知名度を上げるまではそれなりの投資が必要です。
そこで登場するのが、オンライン商店街です。

一般的にAmazonとかYAHOO SHOPとか楽天市場がそれに該当します。
これらでショップを開店する事で、無名でもそこそこ集客力のあるお店を開店することができます。(商店街への参加手数料を取られますが)

では、オンライン商店街にストアを構築すれば売れるのかと言えば、それも怪しいと言えます。 その為、ショップ運営者は色々な方法で現状管理をする必要があるでしょう。

その1つの手段として「Google Analytics」があります
アクセスデータはマーケッティングの活用に色々利用できます。
マーケッティングとは商品やサービスを売るための仕組みです。

消費者に商品を知ってもらう事から実際に商品を購入してもらうまでの、色々な情報提供やコミュニケーションの事をマーケッティングコミュニケーションと言います。

これらは専用サイトを経由して情報を配信するのが一般的です。
例えば、同じ販売店でも複数の販売店との差別化をするのにも利用すると良いです。
家で購入してくれた場合は・・・などの差別化をサイトでアピールすることが出来ます。

当然、対効果を確認する必要があるでしょう。
そういうのはGoogle Analyticsなどを利用して確認する事になります。

多くのビジネスはクラウドに移行し、単なる社内Serverではなくなりました。
業種によっては、Amazonと連携し、YAHOO SHOPと連携し、楽天市場と連携し
ビジネスの裾のを広げています。

また、複数のオンライン商店街に出店している業者はそれを統括するシステムも必要になりました。 特に複数のストアから発注がある場合、在庫管理は重要でしょう。

また、売れ筋商品を取り扱う為の市場動向を調査する要望も増えてきています。

つまり、オンラインストアを構築すれば売れると言うものではなく、売れるには売れるようにするだけの投資と努力も必要と言う事になります。

ほとんどのケースの場合、クライアントではWindowsとMacの違いはなくなりました
Serverとして構築するなら、自分はWindows Serverの方が良いと思ってますが

つまり、OpenSourceを利用するのはWindows ServerもLinux,BSD UNIXのどれも然程違いはないと言う事です。
しかし、FileMaker ServerやAccess,MS-SQL ServerなどはWindows Serverを必要とします
ここは・・・まぁ、MySQLやPostgreSQLで十分だと言う企業もあるでしょう。

でも、送り状印刷や指定伝票の発行はそうはいきません[m:74]
これらのアプリはWindows上でしか対応していません。

もちろん、クライアントをWindows機にしてCSV Fileで引っこ抜いて出力させると言う方法はありますが そうなれば、Server同様にその端末も伝票発行機としてServer同様に固定されてしまいます。

Server機単体で全てを処理させるならWindows Serverを実装しておけばそんな事をする必要がそもそもないわけですから、無駄な固定資産を申告しなくて済みます。

まぁ、個人的な見解ですがLinuxの優位性なんてそれほどあるわけではないと思ってます
Windows Serverの優位性も然程あるとは思いませんけどね

今時、指定伝票に縛られているビジネスもどうかと言うのもありますし。
と言っても、親会社の命令だと省く事はできませんけど

まぁ、最近は本当にオンラインストア構築が当たり前になってきているのですけど。
LinuxとWordPressが主流になりすぎている[m:78]とは感じています。
そんなことだから、ハッカーに狙い撃ちされれば大慌てなんですよね
また、ショップの独自性もほどんどありませんし。

まぁ、運営企業がそれで納得しているなら・・・それはそれで良いのかもしれませんが

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック