iPhone搭載の「iOS」を好む人と、「Android」が大好きな人の違い

iPhone搭載の「iOS」を好む人と、「Android」が大好きな人の違い
自分は基本的にはApple iPhoneのやり方が正しいと思っている。
大半の人はマニアではないからだ。
つまり、そんな事は出来なくても良い

結論から言ってしまうと、必要な機能はiPhoneにも実装されている
そうなると後は「簡単・安全・安定」などが重要視されるのだ
この部分でApple iOSはAndroidより上回っている
一番の懸念事項である価格に関しても「今回のモデル」は答えを出していると思う。
自分は納得出来る価格だったと思う。

あえて言うなら自分はiPad Pro派なのでアプリに関してはiPhoneにほとんど依存していない。
なのでAndroidでも構わない。 それだけiPad Proは強力だ
ただし、最新の機種ではなく大画面モデルだ
あれ(iPad Pro)はもうちょっとしたPCだね

多分、あれが多くの問題を解決してくれるだろう。
昔から市場原理というのは重要視されてきた
なので自分の好みのメーカーだろうが、何だろうが・・・市場原理に反している製品はヒットしなかった。
当然、アプリも少なかった

一昔前で言えばNEC PC98とその他のメーカーということになるだろう。
海外だとIBM PCとその他のメーカーということになる。

IBM PCに関して言えばIBM PS/2になってグラフィックの問題もほとんど改善されて問題がないと思う。
それまで(IBM PC/AT)は画像に関してはPC88程度だったと考えられる。

画像


このハード(IBM PC/AT)は自分的には、非常に意味があったモデルであったのだが当時の日本では高すぎた
「もう少し安くして欲しかった」というのが惜しまれる。

ここ数年、世界的にアニメブームだけど。
このマシン(IBM PC/AT)に和製ゲームが移植されていたら、和製ゲームも世界的にヒットしていた可能性が大きい。
PC-DOS時代のマシンなので日本語処理はできない。
DOS/V時代のハードスペックがないと、そもそも日本語対応はできない

だが、さほど問題にはならない。 IBM PC/ATを利用していたのは外国人だから
日本語ではなく「英語」で表示されていれば良かったのだ

アニメ市場は海外でも理解されて普及したけど、和製ゲームも本来評価されていたと思うと悔しい気もする。
NEC PC88レベルのグラフィックスでも問題がなければ通用したのだ
てか、100%通用したと今は確信している

最近は、古いゲームが色々とリメイクされているみたいだけど
オンラインゲームはどうもピンとこない。
特にWindowsに特化している物には首をかしげる。 それだけWindowsの市場が小さいと今は思えるから。
今後も多少だがWindowsの市場は縮小方向に進む気がしている。 その後はわからないけど。

多くの利用者がWindowsの問題点に気がついてきているからだ
Windows OSは長く使えても3年程度だと 利口な人はMacに移行してきている。
Macにはこの制約がないからだ まさに安定している。

しかし、多くの開発企業がこれに気がつくのはまだ時間がかかるだろう。
市場原理を重視しているので市場の小さいOS-Xを軽視しているから。

iPad/iPhoneは別だ。 雑誌関係が騒いでくれているので知名度も高い。
市場も大きい。
なのでiPadは市場を開拓できる唯一の製品の気がしている。

自分は「一般人はDOSでも満足できた」と思っている。 極論、iOSでもAndroidでもゲームで遊んでいる人はそれだけが遊べていれば満足している
この使い方だとDOSで十分だったのだ
DOSは重くならないし、OSも非常にコンパクト。

DOSが64bitに対応して3Dライブラリ・ネットワークライブラリを実装したらWindowsよりはるかにゲームに向いたOSとなるだろう。

Macに関してはMac Proなら何も問題はない
てか、所有者の自分としては・・・今でも怪物PCだと今でも思う。
ただ、ゲームマシンとしては高すぎるな
ビジネスマシンとして考えるなら「完璧」に近い。 FileMakerと組み合わせれば最強とも言える。

Mac Proに増設でSSDを実装してFileMaker Serverをインストールすれば、まさに最強のDB Serverだろう。
これは半端なく強力だと思って間違いない。

一昔前にMS ACCESSを利用したシステムが多く存在したが、SSDとMac Proを利用すればハード性能が当時とでは天と地ほどの差があるのだ。 ぶっちゃけ10万件のデータでも問題ない
わかる人にしかわからないだろうけど、10万件のデータで問題なければほとんどの企業で問題ないのだ

Mac Proは高いと考えている企業もあるだろうが 
一昔前の商用小型コンピュータの価格を考えるととんでもなく安いと言えるのだ。
しかも、性能は商用小型コンピュータに匹敵する。
これはFile Makerで試せば直ぐに分かること。

もちろん、それ以上に高性能なマシンは世の中にたくさんあるだろうが
価格もそれに比例して高額になる。 それにこのスペックでほとんどのビジネス処理で解決してしまえるだろう。

また、FileMakerはACCESS同様にフォームやレポートを標準で実装している。
ネットワークでクラウドとして利用することもできる。(File Maker Server)
これは大きな意味を持っていて企業にとってこれほどコストパフォーマンスに優れている事はない。
処理性能もしっかりあるのだから、世間で認知されれば凄い事になると自分は思う。

この記事へのコメント

2016年03月28日 15:09
PC-98にデータベースソフト「桐」があれは十分ということでしょう。

この記事へのトラックバック